都内で働くよりも高収入が期待できる

東京都内ではなく、なぜ神奈川県内への医師転職が今注目されているのか、その理由の一つは収入にあります。
ごくごく一般的な職業であれば、東京都内の企業へと勤めた方が多くの収入を期待することができるでしょう。
アルバイトなどもそうかもしれません。
しかし、医療業界においては、そうとは言い切れないのです。

実際に、医師の平均年収を見てみると、東京都は900万円台と非常に低いことがわかります。
もちろんこれには理由があるのですが、一方で神奈川県の医療機関で働く医師の平均年収に目を向ければ、1,100万円を優に超える数字となっており、あくまでも平均年収にフォーカスした場合ですが、東京都内で働くよりも高収入を期待することができるのです。

また、神奈川県には勤務医よりも多くの収入が得られやすいクリニックが非常に多く存在しています。
診療科目や目指す方向性によっては、このクリニックで働くという選択肢も当然出てくるでしょう。

そのクリニックが多いということは、より多くの年収を得られる医療機関を見つけやすいということにもつながります。
もちろん、レベルも非常に高い医療機関が揃っており、キャリアアップできる環境を重要視している医師にとっても、神奈川県は魅力あるエリアと言えるでしょう。

神奈川県内で医師として働くことで高収入と高キャリアの両方が期待でき、それは、どのような医師であっても成功を意味することにもなるはず。
もし、東京都内へ転職することを検討しているのであれば、神奈川県内の医療施設も選択肢としてピックアップしておき、ぜひ冷静に比較してみましょう。
イメージよりも優良な案件がいくつも見つかり、神奈川県内への転職にも非常に価値があると感じられるはずです。

都内からのアクセスが良い

もう一つ、神奈川県は東京都内へのアクセス、逆に東京都内からのアクセスも非常に良いという利点を持っています。
少し前まではベッドタウンの一つとして数えられていた神奈川県ですが、今では東京都内に住みながら神奈川県内の企業へと通う人も出てきているほど。
居住地としての魅力も持ち合わせているのですが、働くエリアとしても、その価値を上げてきているのです。

公共交通機関の整備も十分なので、通勤するのにも困らないでしょう。
家族などがおり、神奈川県内に住むことになったとしても、東京都内へのアクセスも良好ですから、家族の通勤・通学の弊害となることもありません。

もちろん、買い物やレジャーなどへと出かける際にも、神奈川県内に住んでいれば非常に便利ですし、不都合を感じることはほぼないでしょう。

住むエリアと働くエリアは、社会人にとって非常に重要です。
医師のような不規則な働き方をし、心身ともに疲労する仕事であれば、なおさら都市部へのアクセス具合は重要なポイントとなってくるはず。
全ては、無駄な時間や労力をできる限り省き、診療などに集中するために必要なこと。
そう考えれば、やはり神奈川県内に勤めることは大きなメリットがあると言えるのではないでしょうか。