求人サイトでは労働環境をよく調べておく

一昔前であれば、同じ業界で働く人たちからの紹介で転職をするという形が多かったのですが、情報社会化が進むにつれ、医師自身の意思で求人サイトや転職サイトをチェックし、転職先を選択・決定するというパターンが増えてきました。
今では、この形こそが主流となっていると言ってもいいでしょう。

ただ、求人サイトをチェックして転職先を決定するという方法には、いくつかのデメリットがあります。
それは、注目すべき点が限られてしまうということ。
診療科目をチェックし、医療機関名を確認、年収に納得したら応募、という形になりやすいのです。
このようなステップでは、転職に失敗するリスクが高まってしまうでしょう。

求人サイトをチェックする際には、必ず労働環境をよくよく調べるよう心がけなければいけません。
特に、神奈川県内には医療機関が多く、つまりは求人の数も膨大に存在しています。
1つ1つの案件を細かく見ることが億劫となり、どうしても自身にとって最も重要な項目のみで比較してしまう傾向が出てきやすいのです。

年収も重要ですが、どのような勤務体制になっているのか、当直オンコールの有無、能力や技術が発揮できるような十分な設備が整っているのか、当然職務内容も含め、労働環境を良く調べておくことで、転職後に感じる後悔を減らす、あるいは無くすことができるはずです。
この点を怠らないような形で求人サイトを利用し、各案件と向き合うことを心がけておきましょう。

 

失敗しないために医療機関の内部について調べる

もう一つ、絶対に欠かせないポイントがあります。
それは、医療機関の内部についての確認を怠らないことです。

求人から得られる情報は、あくまでも表向きのもの。もちろんそこに嘘はないはずですし、転職希望者が重視する要素が散りばめられているのですが、転職後に成功か失敗かを分けるのは、意外と求人には掲載されていない要素であることも少なくないのです。

例えば、派閥や上下関係などの人間関係がこれに当たるでしょう。
昔ほどではありませんが、医療業界は少々閉鎖的であり、古い体質が残っている医療機関も少なくありません。

また、よそ者には非常に厳しい雰囲気を持つ医療機関も未だ多く、そのようなところへ転職してしまえば、おそらく“転職の失敗”を感じることになるでしょう。
特に、人間関係が原因で転職を考え出した医師は要注意です。

なぜ新たな医師を募集しているのか、その理由と、医師が辞めたことが原因であれば、なぜ辞めたのかについてなど、求人からは見えてこない内情について、できる限り調べてから応募することをお勧めします。

そのような情報は転職サポートサービス、いわゆる転職エージェントを利用することで得ることが可能です。
こちらも面倒だとは思わずに、積極的に調べたり確認することが、転職の失敗の回避へとつながることを認識しておきましょう。