【医師転職サイト紹介】神奈川県で医師転職を探せるおすすめサイト

業界最大級のサイト「医師転職ドットコム」

神奈川県というエリアで医師求人を探すのであれば、医師にとって有利な状況をもたらしてくれる求人サイトを選択すべきでしょう。

「医師転職ドットコム」が、その一つに挙げられることは間違いありません。
求人サイトとしてはもちろんですが、転職サポートを受けられるエージェントタイプのサイトであることも、お勧めできる理由の一つです。

そもそも、このサイトは業界最大級という点に一つの特徴があります。
つまり、それだけ求人案件が「医師転職ドットコム」に集まってくるということであり、医師にとっては活用しないという選択肢がないサイトと言えるのです。
サイト全体で見れば、公開求人4万件非公開求人1万件と、業界最大級の名に恥じない求人案件を抱えています。

神奈川県内に絞ってみても公開されているもので1,000を優に超える数の求人があるため、他のサイトでは決して見つけることのできない医療機関のチェックも難しくはないでしょう。

エージェントの評価も非常に高く、医師転職に関するあらゆる悩みを解決し、手厚いサポートを受けながら転職活動を完了させることができます。
特に初めて転職を試みる医師や、一度失敗してしまった経験のある医師にお勧めできるサイトとなっています。

豊富な求人数「エムスリーキャリア」

医師の転職と言えば「エムスリーキャリア」と言われるほど、こちらも神奈川県内の医療機関へと転職を考えている医師にチェックしてもらいたいサイトの一つです。

分野を厳選することで数は減りますが、神奈川県内且つ常勤のみで常時1,000件前後の求人案件を取り扱っており、非常勤は500前後の案件を抱えています。
医師によって働き方は様々ですが、どのような働き方を選んだとしても、それを叶えられるだけの求人案件をこの「エムスリーキャリア」は抱えていると言ってもいいでしょう。

もちろん、転職支援サービスを受けることも可能です。
「エムスリーキャリア」のキャリアコンサルタントは各エリアの担当制となっており、神奈川県内の医療施設やニーズなどを把握したコンサルタントに相談することができるため、的確なアドバイスを受けることができるはず。
相談だけでも受け付けてくれているので、転職に迷っている段階の医師でも利用価値が出てくるでしょう。

豊富な求人数はもちろん、コンサルタントの質でも業界トップクラスですから、絶対に失敗したくないと強く願う医師にとっては、重宝するサイトとなるはずです。

【神奈川の医師需要】神奈川県でどんな医師が求められる?

どの診療科の医師も不足状況

神奈川県では、最先端の医療技術を学ぶことができ、多くの症例が集まることから、キャリアアップを目指す医師にとって魅力的なエリアとなるでしょう。
また、東京から近いこともあり、交通機関も発達している上に、居住地として考えた時にも多くのメリットのあるエリアとなるはずです。

医療レベルも高く、医師に対するサポートも手厚い、そんな環境が整っている神奈川県ではありますが、転職を考える医師の頭の中をよぎるのは、「果たして自身に需要があるのか否か」ではないでしょうか。

まず、神奈川県内全域で見れば、需要のない医師はおそらくいないでしょう。
どの診療科も医師が不足している状況にあり、求人案件の数や質に違いはあれど、それが全く見つからないという状況にはならないはずです。

神奈川県の現在の必要医師数は700人ほどであると言われています。
内科をはじめ、小児科、精神科、外科、産婦人科、リハビリ科、放射線科、麻酔科、救急科などは特に医師が不足しており、その他も十分な数が確保されている分野はほとんどありません。

美容外科分野の医師には大きなニーズはないかもしれませんが、それでもクリニック数の多い神奈川県では、美容外科医の求人案件も多く見つけることができるでしょう。

また、ベテラン医師のみが求められているわけでもありません。
若い医師を求める医療機関も多いですから、20代や30代前半の医師でも大きな需要を感じることができるはず。
転職活動を実際に展開してみれば、それを感じることができるのではないでしょうか。

総合外科医の需要は高い

上で外科分野もニーズが高い診療科として触れていますが、神奈川県では消化器外科、脳神経外科、整形外科、呼吸器外科、循環器外科などの医師もまだ十分な数が確保できているとは言えません。
一部専門的な分野もあるのですが、こうした外科分野を総合的に診ることができる総合外科医の需要は非常に高いと言えるでしょう。

他のエリアで総合外科医として働いた経験があるのであれば、あるいは専門領域はあるものの総合外科や、それを含む診療科で経験を積んだ医師であれば、神奈川県の現在のニーズと十分にマッチするはずです。
もちろん、個別の分野に特化した医師であっても、求人案件を見つけることはできるでしょう。

ちなみに、求人を探す際には総合外科を標榜する病院に狙いを定めるよりも、より分野や領域を限定して探した方がいいのかもしれません。
分野・領域を限定しない場合でも、複数の診療科を念頭に探していくことで、自身の目的や希望に沿った医療機関と出会いやすくなるはずです。

神奈川県内には、総合外科を標榜する病院は多くはないため、そのような形で求人情報を集めていくといいでしょう。

【診療科別】神奈川の医師の状況を知っておこう

内科は全国平均41位の医師数

神奈川県内の医療施設に従事している医師数を見てみると、診療科目ごとに特徴があることがうかがえます。
例えば、内科医の数は年々順調に増えてはいるものの、しかし、全国的に見れば順位は41位と、決して十分な数が揃っているとは言えません。

この順位は、人口10万人に対して何人の医師がいるかという数字を元に弾き出されたものです。
全国平均は56〜57人といったところ。
それに対して神奈川県では46人ほどですから、人口10万人に対して10人ほど内科医が少ない状況が浮き彫りになっている状況です。

内科は多くの患者が頼りにしている診療科目です。
不調を感じればまず足を運ぶ分野のため、内科医が不足している状況を楽観視することはできません。

 

外科は全国平均45位の医師数

外科分野に目を移してみると、これは内科よりも深刻です。
人口10万人当たりの医師数では、全国平均が22人ほどであるのに対して、神奈川県の医療施設に従事している医師の数は15人から17人程度
さほど差がないように感じるかもしれませんが、人口の多い神奈川県においては、かなりの数の医師が足りていない状況を示しているのです。

全国順位では45位と、ほぼ最下位の位置
問題は、内科医と比べて順調に増えている様子がうかがえないことでしょう。
外科医の確保は喫緊の課題となっており、もしこの分野で転職を考えているのであれば、神奈川県内の病院も選択肢の一つとして考えてもらいたいものです。

産婦人科の医師は特に不足

こちらも楽観視できず、早急に人材を確保しなければならないのが産婦人科医です。
やはり人口10万人に対して何人の医師が働いているかを示す数値を見てみると、全国平均が42人ほどに対して、神奈川県は37人ほどと5人程度少ない状況です。
順位では全国40位と、やはり下から数えた方が早い状況が続いています。

単純な人数で見た場合は700人を超えているため、内科医同様に順調に増加傾向にはあるものの、人口増の影響で人口当たりの医師数が足りない現状を変えることができていないと考えられます。

小児科の医師は特に不足

小児科医も例外ではありません。
人口10万人当たりの医師数は、全国順位で見れば31位と、内科医、外科医、産婦人科医と比べればマシではありますが、それでも上位に食い込むには程遠い状況です。

横浜や川崎といった地域では、小児科医の数は充足傾向が出てきています。
問題は、それよりも西側に位置する地域です。
このように、同じ神奈川県内でも格差があることは否めません。

 

ちなみに、人口10万人当たりの小児科医の数は、全国平均は約103人、神奈川県は約97人となっています。

【平均年収1100万円以上】神奈川県で医師を始めることのメリット

都内で働くよりも高収入が期待できる

東京都内ではなく、なぜ神奈川県内への医師転職が今注目されているのか、その理由の一つは収入にあります。
ごくごく一般的な職業であれば、東京都内の企業へと勤めた方が多くの収入を期待することができるでしょう。
アルバイトなどもそうかもしれません。
しかし、医療業界においては、そうとは言い切れないのです。

実際に、医師の平均年収を見てみると、東京都は900万円台と非常に低いことがわかります。
もちろんこれには理由があるのですが、一方で神奈川県の医療機関で働く医師の平均年収に目を向ければ、1,100万円を優に超える数字となっており、あくまでも平均年収にフォーカスした場合ですが、東京都内で働くよりも高収入を期待することができるのです。

また、神奈川県には勤務医よりも多くの収入が得られやすいクリニックが非常に多く存在しています。
診療科目や目指す方向性によっては、このクリニックで働くという選択肢も当然出てくるでしょう。

そのクリニックが多いということは、より多くの年収を得られる医療機関を見つけやすいということにもつながります。
もちろん、レベルも非常に高い医療機関が揃っており、キャリアアップできる環境を重要視している医師にとっても、神奈川県は魅力あるエリアと言えるでしょう。

神奈川県内で医師として働くことで高収入と高キャリアの両方が期待でき、それは、どのような医師であっても成功を意味することにもなるはず。
もし、東京都内へ転職することを検討しているのであれば、神奈川県内の医療施設も選択肢としてピックアップしておき、ぜひ冷静に比較してみましょう。
イメージよりも優良な案件がいくつも見つかり、神奈川県内への転職にも非常に価値があると感じられるはずです。

都内からのアクセスが良い

もう一つ、神奈川県は東京都内へのアクセス、逆に東京都内からのアクセスも非常に良いという利点を持っています。
少し前まではベッドタウンの一つとして数えられていた神奈川県ですが、今では東京都内に住みながら神奈川県内の企業へと通う人も出てきているほど。
居住地としての魅力も持ち合わせているのですが、働くエリアとしても、その価値を上げてきているのです。

公共交通機関の整備も十分なので、通勤するのにも困らないでしょう。
家族などがおり、神奈川県内に住むことになったとしても、東京都内へのアクセスも良好ですから、家族の通勤・通学の弊害となることもありません。

もちろん、買い物やレジャーなどへと出かける際にも、神奈川県内に住んでいれば非常に便利ですし、不都合を感じることはほぼないでしょう。

住むエリアと働くエリアは、社会人にとって非常に重要です。
医師のような不規則な働き方をし、心身ともに疲労する仕事であれば、なおさら都市部へのアクセス具合は重要なポイントとなってくるはず。
全ては、無駄な時間や労力をできる限り省き、診療などに集中するために必要なこと。
そう考えれば、やはり神奈川県内に勤めることは大きなメリットがあると言えるのではないでしょうか。

  • 1

Copyright © 【医師の転職】転職なら都内よりも医師不足の神奈川県へ! 2018 All Rights Reserved.