横浜・川崎では先進医療に取り組める病院が多い

今現在、日本の各都道府県の中でどのエリアへの転職を検討すべきか、その回答を1つを挙げるとすれば、「神奈川県」となるのかもしれません。
もちろんそれにはいくつもの理由があります。

まず、神奈川県には先進医療を取り入れている病院が非常に多いことが挙げられます。
特に、横浜と川崎エリアには、そうした病院が多く、医師のキャリアアップにとって重要な役割を担う場となるはずです。

例えば、高周波切除器を用いた子宮腺筋症核手術が行える聖マリアンナ医科大学病院は神奈川県の川崎市にありますし、また、重粒子線治療が行える神奈川県立がんセンターは横浜市にあります。

他にも、定量的CTを用いた有限要素法による骨強度予測評価が行える医療機関は横浜市と川崎市の両方にあるなど、他の都道府県にはないほど先進医療に取り組める病院が、神奈川県内にはいくつも存在しているのです。

病院だけではありません。クリニックにも、先進医療技術を導入し、患者の診療に当たるところがいくつもあります。
どのような分野であっても、大きなキャリアアップを目指すのであれば、やはりそれが叶う医療圏への転職を考えるべきでしょう。

転職の目的が、医師ごとに全く異なるのは当然のこと。
しかし、最新の医療や先進的な技術を学びたい、磨きたいと考える医師も多く、それが転職の目的となっている人もいるはず。
そのような高い志を持った医師にとって、特に横浜や川崎といったエリアは、身を置くにふさわしいエリアとなるのではないでしょうか。

横浜・川崎以外の地域では医師が足りていない

転職の目的は医師それぞれである、と述べましたが、例えば、社会貢献や医師不足の解消というものに意義を見出しているのであれば、横浜や川崎以外の医療圏への転職を視野に入れてもいいのかもしれません。

神奈川県は人口も多く医療機関も非常に多いのですが、やはりそれらは横浜と川崎に集中しており、それ以外の地域では医師が足りない状況が続いているのです。

必要医師数を見てみると、例えば、相模原エリアでは外科の数が顕著に足りない状況となっています。
横浜や川崎市でも充足しているとは言い難いですが、相模原エリアほどの深刻さはありません。

小児科は、同様に相模原エリア及び湘南西部で人手が足りない状況です。
小児科に関しては横浜と川崎は既に医師不足がほぼほぼ解消されていると言われていますから、同じ神奈川県内でもこれほどまでに差があることがうかがえます。

小児科と並べられて医師不足が深刻であると言われる産婦人科ですが、これもやはり相模原エリアではかなりの人数が足りていません
内科分野では、循環器内科や消化器内科の医師が足りず、特に相模原、湘南東部、県西などでそれが顕著になっている状況です。

医療機関の多いエリアで医師不足が続いている状態とは少々異なり、病院の数が少ないにもかかわらず医師の数が足りていない横浜や川崎以外のエリアというのは、やはり深刻な状況にあると言ってもいいでしょう。

それを埋めるためには、県外からの転職者に頼らざるを得ません。
非常に大きなやりがいを感じられるはずですし、神奈川県あげての医師に対するサポート体制もしっかりと感じることができるはず。
そうした観点からも、神奈川県内への医師転職をお勧めすることができるのです。

募集求人が多く、選択肢も幅広い

東京に隣接していることもあり、人が集まる環境が整っている神奈川県。
最近では東京から移り住む人も多くなってきています。
人口が多いということは、それだけ医療機関も多くなるわけですが、神奈川県には全国でもトップクラスである350前後の病院が存在し、何よりも特筆すべきは、クリニックの数が東京、大阪に次いで日本で3番目に多いという点。
これも、神奈川県内へと転職することをお勧めする理由の大きな一つです。

医師の転職先は、何も病院に限ったことではありません。
神奈川県内には高度な医療技術を患者へと提供しているクリニックも非常に多いですし、収入アップの点を見ても、やはりクリニックへの転職は医師にとって魅力的であるはず。
病院やクリニックがこれだけ多いということは、募集求人が多いことはもちろん、幅広い選択肢から選べることも意味しているのです。

おそらく、すべての求人をチェックすることは不可能でしょう。
医療圏、診療科目、医療施設の形態などを限定したとしても、十分に比較できるほどの募集がある状況です。
もちろん、企業への転職や製薬メーカーなどへの転職となれば限られてはきますが、病院及びクリニックであれば、選択肢が少なくて困ることはないでしょう。

むしろ、選択肢が多くて困ってしまうかもしれません。
もちろんそれは、医師にとってはうれしい悲鳴であるはず。
年収、福利厚生、設備、医師、症例、患者、エリア、こうした事柄をしっかりと比較して転職先を決定することができるためです。

これまでの経験を生かすことができ、これまでの不満を解消することも可能で、且つキャリアアップを目指せる医療機関と出会うことがしやすい、それが神奈川県という場所であるという認識で問題はないでしょう。